「お疲れ様です」が英語で表現できるフレーズ|まとめ

質問内容

「お疲れ様です」を英語で言う

お疲れ様です」と、

外国人従業員に英語で言いたいんですが、

何と言えるでしょうか?

また英文のメールなどにも使える、

お疲れ様です」にあたる表現を

教えて頂きたいです。

回答・解説

英語にお疲れ様は存在しない?

結論から言うと、

日本語の「お疲れ様です」に
相当する英語表現はありません

しかし、

我々が日常的に使う「お疲れ様です」

「目的と機能」を理解すれば、
それに相当する英語表現は見つかります

この記事では、

「お疲れ様」の主な機能を紹介して、
その機能を表せる英語表現を紹介します

1.出会いの際の挨拶として

仕事仲間取引先

電話したりメールをする際、

 
「お疲れ様ですー」

 

と最初に言ったりします。

この場合の機能は、

「挨拶としてのお疲れ様」

と考えられます。

ですので、下記のような

英語の挨拶表現

が使用できます。

挨拶としての「お疲れ様」表現 例

Hello!
(こんにちは!)

Good morning / afternoon / evening.
(おはようございます/こんにちは/こんばんは)

How are you doing?
(お元気ですか?)

I hope you are doing great.
(元気にやられてることだと思います)

前述した通り、

英語には「お疲れ様」に相当する
表現がありません。

しかし、

挨拶としての「お疲れ様」なのであれば、

英語ではシンプルに挨拶表現を使うだけで充分です。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2.別れの挨拶として

仕事を終えて会社を出る時

まだ残ってる同僚上司に対して

 

「お疲れ様ですー」
「お疲れ様でしたー」

 

と言ったりします。

 

学校の部活終わりなどでも、

「お疲れー」
「お疲れ様です!」

 

など、同級生先輩に言います。

これは、

お別れの挨拶

と考えられますので、

分かれの際の「お疲れ様」の表現例

Bye.
(またね)

Take care.
(元気でね)

See you tomorrow.
(また明日)

I’ll get going.
(帰りますね)

I’m leaving now.
(〔会社や学校を〕もう出ますね)

3.感謝として|褒めとして

仕事などで、

相手の努力や貢献に対して、

ありがとう」の気持ちや
「良くやった!」の気持ちを持って

「お疲れ様でした」

と言っている場合があると思います。

たくさん助けてもらったり、
長いこと手伝ってもらった時など、

「どうも、今日はお疲れ様でした」

と、
感謝や褒めを込めて
言ったりする場合が
あると思います。

この場合、

感謝を伝える表現や
ほめる表現で代用
できます。

英語で感謝、褒めを伝える場合、

何に対して感謝し、褒るのか、
そのの対象を文章で明確にします

感謝・褒めを込めた「お疲れ様」の表現例

Thank you for your hard work.
(一所懸命働いてくれてありがとう)

※立場が上の人が、下の人に感謝を込めて使う印象です

Thank you for coaching us today.
(今日もコーチングして頂きありがとうございます)

※部員が監督やコーチに感謝を込めて使うイメージ

I appreciate your help today.
(今日は手伝って頂いてありがとうございます)

※感謝

Thank you for a job well done.
(仕事が上手くいって感謝です)

※感謝

Good job today.
(今日は良い仕事しましたね)

※メールの締めに使える表現
※褒める感じ

You did great today.
(今日は良くやりましたね)

※ほめる感じ

褒める意味合いの表現は、
英語でも立場の上の人が、下の人に使う印象です。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

4.気遣い/労りとして

褒め」と少しニュアンスは誓いですが

「大変だったでしょう~」
「十分やりましたよ~」

 

という気持ちを込めて、

「お疲れ様でした」

と言う場合があると思います。

奥さんが旦那さんに

「お仕事お疲れ様」

と言うのは、

気遣い/労りの「お疲れ様」

です。

「褒める表現」は立場の上の人が下の人に使う印象ですが、
「気遣い/労りの表現」は立場に関係なく使えます

気遣い/労りの「お疲れ様」の表現例文

(It was) nice working with you today.
(今日もあなたと一緒に働けて良かったです)

(It was) nice training with you today.
(今日も一緒に練習できて良かったです)

※部活の部員同士で使える印象

You must be tired (from work).
(〔仕事で〕お疲れに違いないでしょう)

It must have been a busy day today.
(今日は一日さぞ忙しいかったんでしょう)

You must have had a long day today.
(今日は一日長かったでしょうに)

※出張や出先で移動が多かったりした感じ

You’ve done a lot / enough today.
(今日はたくさん/十分やりましたよ)

以上、

状況や伝えたい気持ち」に応じて

色々な事が英語で表現できます。

日本語の「お疲れ様」のような

万能な表現英語にないので、

 

具体性をもって、

今日紹介した表現しを
使ってみてください!

以上、回答・解説になります。

この質問に対する回答を踏まえて、
また付属した質問や疑問点が発生した場合は質問フォームまたはコメント欄にてお気軽にご質問ください。

英語学習、応援してます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。